一戸建て住宅の魅力と種類について

建売住宅の特徴

一戸建て住宅を建てる際には、建売住宅か注文住宅かに分かれます。建売住宅の最大のメリットは、価格が安いということでしょう。ハウスメーカーなどが土地と住宅をセットにして分譲住宅として売り出すことも多く、モデルルームの買取などであればかなり安く手に入れることができます。

また、大手不動産が販売する分譲住宅は、それだけで1つの街を形成するほどの規模になることもあり、最寄駅や学校、病院や商業施設などの周辺環境にも配慮されていることが少なくありません。不動産会社やハウスメーカーが広大な土地を買い上げて建設する建売住宅は、ほとんど家の規模や形が同じであることが多く隣家とあまり変わらない仕様となります。
住宅展示場やモデルハウスなどに足を運べば、事前に完成した家の雰囲気を味わうことができるため、イメージしやすいのも建売住宅ならではのメリットでしょう。

一方で、規格や間取りが決まっているため自由な意見で変更することができないという特徴もあります。間取りに合わせて家具を買い替えなくてはならないこともあるでしょう。また、完成した家を体験することができても、どのような材料や工法によって建てられたかをチェックすることは難しく、欠陥住宅である場合であっても見極めることは難しい場合もあります。